2008年02月02日

実写版『魁!男塾』

 漫画を漫画のまま実写にしようとしてるひとと、
 現実の範囲内で『男塾』しようとしてるひとの
 温度差はげしすぎるぜ カ押忍!!

 アクションアクションいってた割には、
 完全にB級香港映画アクションです。カ押忍!!
 
 男塾の校庭に、
 ブランコと鉄棒がありやがります。 カ押忍!!

 伊達の武者装束が、どうみてもぺらっぺらです。カ押忍!!

 至近距離で殴りあった直後のカットが、駆け寄ってくる姿のアップです。カ押忍!!

 気を失った松尾も秀麻呂もそのまま放置プレイな一号生たち。カ押忍!!




 ……昭英の富樫だけは、ちゃんと富樫だったよ。
 しかも、三次元としてもかっこいい。
 やっぱり、こういうかねあいがちゃんとできるかどうかが、
 俳優という職業には大事なんだろうね。




↑しかしアニメでも伊達は不遇だった……。伊達ファンのやすらぎは原作にしかないのか?(むしろ『天より高く』?)
posted by つぶらやあきら at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81936430

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。