2007年01月03日

ついによっすぃー卒業!

新春早々え〜!?ウッソ〜!モー娘。リーダーの吉澤が卒業
公式コメント

 ハロプロ卒業メンバーがそろって小粒化している今、トークが得意とはいいがたいよっすぃーが、卒業することによって得られるメリットはいったい何なのか……。
 早稲田での特別講師などを振り返ると、スポーツ系文化人タレントを狙っているのかとも思いますが、正直、実績不足でしょう。
 というか、今のよっすぃーって、バランスが良すぎて個性がないと思いませんか? おそらく、「リーダー」にふさわしくなりすぎたのかと思いますが。
 
 
 一方、モーニング娘。はというと。
 よっすぃーが卒業することで、四期以前のメンバーがすべて卒業、ということになります。
 四期以前……歯に衣着せぬ言い方をすれば、娘。全盛期のメンバー、です。もっというなら、娘。が一般人にも認識されていた頃のメンバー。
 必然的に、一般人からの認識度はさらに下降していくだろうといわざるを得ません。

 また、一部ファンの間では、かつての中澤さんのように、「年増」あつかいを受けることもあったよっすぃーですが、彼女がいるからこそ、グループがまとまっているという面は確かにあったと思います。
 前面に出ることはそう多くはありませんでしたが、リーダーですもの、「いつも後ろからみて」いることに意味があるのです。そう、かつての中澤リーダーがそうであったように。

 新リーダーに藤本ミキティ、サブリーダーに高橋愛ちゃん、が就任するということですが、この二人は、確かにハロプロの中では歌唱力、容貌ともに飛びぬけていますが、「エース」ではあっても「リーダー」向きの性格ではないように思えます。
 これまでのように、どっしりと後ろで構えているリーダーではなく、エースも兼ねた、「センター」的なリーダーになるのではないでしょうか。

 良くも悪くも、この卒業によって、モーニング娘。は、かつての国民的アイドルであったモーニング娘。とは、別のアイドルに生まれ変わることでしょう。






posted by つぶらやあきら at 12:11 | TrackBack(1) | 芸能その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30745821

この記事へのトラックバック

吉澤ひとみ、モーニング娘。卒業
Excerpt: モーニング娘。にとって生死をかけた大手術のはじまりか。 なんて、大げさですが、この娘も卒業です。
Weblog: なんか面白い事な〜い?
Tracked: 2007-01-09 01:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。