2006年04月01日

かむかむかーまいん

g0433.gif
 小さなとき、マーブルガムは一番身近なお菓子でした。

 でも、

「パパがね……」
「2つしかくれないの……キャンディマーブルガム……」
「ボクは…たくさん欲しいのに……」


 なので、
 ひとつぶ口にいれちゃあ、表面の味がなくなるまでひたすら舐め、
 ひとくち噛んでは、その部分の味がなくなるまでひたすら(略)
 という、びんぼっちゃまな楽しみ方をしていたあきらの思い出。
 
 しかし、ここにきて、

「ドリアンくん」
「俺がマーブルガムを山ほど買ってやる」
「好きなだけ買ってやるさ」


 というわけで、マルカワのマーブルガムが、キシリトールで新発売。
 これでタップリ食べられるね☆

 味はちょっと薄めだけど、キシリトールの特性かしら?
 それとも、思い出が美しすぎるせい?
posted by つぶらやあきら at 01:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。